五味調和とは

五味とは、漢方の食材の味による分類方法です。酸っぱい、苦い、甘い、辛い、塩辛いの5種類で、それぞれに対応する食材があります。例えば酸っぱいものは、レモンや梨などの果物、苦いものはタケノコやゴーヤ、アスパラガスなどです。甘いものはジャガイモやカボチャ、ぶどうなど、辛いものはネギやショウガ、タマネギなど、塩辛いものはコンブや魚介類です。

食材の味は一通りではありませんから、ピンとこない分類になっているものもありますし、2種類にまたがって分類されているものもあります。またそれまでになかった新たな食材も次々と出てきますから、一般の食生活の中で取り入れる分には、さほど厳格に考える必要はありません。

五味調和とは、この5種類をバランスよく摂るということを意味しています。酸っぱいものが大好きだから果物だけしか食べないとか、甘味のある芋類ばかり食べるのはよくありません。栄養が偏るからよくないというのではなく、味が偏るのはよくないという考え方が面白いですね。

またこの五味の合う組み合わせというものもあって、酸っぱいと甘い、苦いと辛い、甘いと塩辛いなど、美味しさにも相性があることが知られています。中国料理のメニューの素材の組み合わせや、その味付けのバランスの良さは、この五味の考えが元になっていると考えられます。特に炒め物など、ちょっと思いつかないような組み合わせが、正に絶妙な取り合わせになっていたりしますよね。

漢方の食養生では、この5種類の味がバランスよく食卓に上っていることが好ましいとされています。同時に五つの味のそれぞれマッチした組み合わせで、美味しいメニューを作りましょうという訳です。そしてそれが健康に繋がるという考え方なんですね。西洋風の栄養学では、まず身体にいい素材を選び、そこからメニューを起こして味については一番後回しになりますが、漢方ではまず真っ先に「味」を考えるのが特徴的だと言えます。

1.メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防とサプリメントの効果的な摂り方
メタボってコワい!でもサプリで予防できるなんて意外でした。

2.更年期障害の症状と最新治療を解説
分かりやすい解説なので不調を抱える女性に読んでほしいです。

3.薬膳情報.net
薬膳料理がとても綺麗!これなら美味しくいただけそうです。

4.東洋医学健康法
あいうえお順の症状インデックスが見やすくてお勧めです。

5.うつ克服に効果がある代替療法を5つ厳選して紹介します!
うつ病で悩んでいる人にはぜひ一読してもらいたいサイトです。

6.漢方薬で治す体調不良 風邪ひき アトピー性皮膚炎
原因不明の体調不良で悩んでいるなら見てみるといいと思います。

7.坐骨神経痛の治療と治し方|元体験者が教える自宅で改善できる方法とは?
経験しなければ分からない辛さと改善の喜びが伝わってきました。

8.サプリメント大全
成分の効果が分かりやすくてサプリ選びの参考になります。